ギター弾きから音楽家へ。

ギターの基礎 知識 応用。自身がかかわった音源作品紹介。活動報告。たまに日常。

メトロノームの練習法

ギターを練習する際にメトロノームは必須アイテム。

メトロノームの使い方は拍の頭にアクセントを置いて

それに合わせて練習する、というのがスタンダード。

 

リズム感を更に養うために

アクセントの位置を変えるという練習方法がある。

下のTAB譜のクロマチックスケール運指練習を参照f:id:m-wolf1768:20180629180952j:plain

BPMは60にしてメトロノームのアクセントを↑の位置に合わせて弾く。

最初いきなりそこの位置にアクセントを持っていくのは一苦労被るので

やり方として1拍を16分音符割りして1・2・3・4とカウントする。

そこで一つ16分を足してカウントするとアクセントの位置が↑の位置にかわる。

1・2・3・4・1・2・3・4・1・1・2・3・4

②の三連符のやり方は

1・2・3・1・2・3・1・1・2・3

とやる。

 

参考動画

youtu.be

リズム感を養うには細かいリズムを感じれるかどうか。

それがわからないとレベルアップはなかなかしない。

でもちょっとしたコツと練習法でリズム感は格段によくなる。

 

是非お試しあれ。