ギター弾きから音楽家へ。

ギターの基礎 知識 応用。自身がかかわった音源作品紹介。活動報告。たまに日常。

ギターを弾く前の習慣を少し変えて音感を鍛える。

ギターで一番大事なのはチューニングです!

ギター弾く前に必ずやりますねー。

今はスマホのアプリで手軽にやっちゃいがちですが

僕は耳でチューニングする事をおススメします。

 

 

先ほども書きましたが

ギターを弾く前にチューニングは絶対します。

これを耳で合わせることによりこの時点で音感トレーニングが行われています。

これを毎回ギター弾く度にやる、と考えるとチューナーで合わせている人に比べると格段に音感は増していく。

これが結構ギタリストにとって為になるんです。

 

なぜなら

チョーキングの時ちゃんと音が上がってるか確かめる基準は耳。

チョーキングは半音だったり全音だったりいろいろとバリエーションがあります。

その都度体感でそれを判断していかなければなりません。

 

音楽やってて音感良い分には損はないです。

なので家で弾く時はこれも練習の一環。耳でチューニングしましょー。

 

やり方は

まず5弦をA(ラ)の音に合わせます。(音叉でも鍵盤でもいいので)

そしてそれを基準に

6弦5フレットと5弦開放を弾いて6弦を同じ音にする

5弦5フレット=4弦開放

4弦5フレット=3弦開放

3弦4フレット=2弦開放

2弦5フレット=1弦開放

 

最後にちゃんと音が合っているかはチューナーで確認。

これで確実に音感が増します!

ちょっとした工夫でギターの成長は変わります。

是非お試しあれ。

 

 

◆【エルギタースクール中野教室】ギター講師やってます。
無料体験レッスン受付中! https://goo.gl/NGYeJQ

 

◆楽曲制作してる クリトリック・リスが7/5 22:00に重大発表!