音楽の底

ギターの事。自身がかかわった音源作品紹介。活動報告。日常。

時代の移り変わり…その前に

4月1日に新しい元号の発表がされやっと平成が終わると実感がわいてきた。

時代が変わるというのはその分だけ月日も流れている。

昭和が終わって平成になりそして令和になる。

文章で書くと一行に収まってしまうけどいろんなドラマがあったね。

過去を振り返る事は好きじゃないけど時代の終わりくらいは振り返るのも

悪くはない。

 

でもその平成が終わる前に僕の中で凄く大切な行事がある。

それはクリトリック・リスの日比谷野音ワンマンライブ。

今月4月20日に開催される平成最後の番狂わせだ。

 

最近話題で電気ナイトをDOMMUNEで配信して46万人視聴され、ツイッターのトレンドにまでなった。その件をバイキングで放送した時にコメンテーターは誰一人DOMMUNEを知らずに売名行為だと発言した。

一般の人は知らなくてもいいだけど、売名行為ってのは余分だわ。

一般には知られなくてもそれだけのニーズがあったという事が

今回の46万人という結果になったんだろう。

 

話は大きく逸れたけど…

クリトリック・リスの日比谷野音ワンマンに話を繋げる。

一般の人は知らないだろう。でもこの日僕の予想だと2000人くらいの人が日本中から集まる。それはお金と時間を費やして社交辞令の接待ではなく自分の意志でその男の生き様を見届ける為に。勿論、野音がゴールとは思ってないがこの先どうなるかは

わからない。未来をこじ開ける為に放った日比谷野音ワンマン。

 

一体LIVEはどんな始まりなんだろう。

それは元号発表の瞬間よりエキゾチックだ。

 

野音の独り舞台でどんなモノを放つのだろうか。

まったくもって秘密のベールに包まれている。

 

 

 

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------

★楽曲制作やってます クリトリック・リスが4/20(土)野音でワンマン!

clitoricris-yaon.site

 

◆お仕事、レッスン、作曲、編曲、録音、ミックス、その他 お問合せは

music@takai.work まで。

---------------------------------------------------------------------------------------