音楽の底

ギターの事。自身がかかわった音源作品紹介。活動報告。日常。

お金ってなんや

今月からぼちぼちレッスンの仕事がまた慌ただしくなってきました。

4月はマジでレッスン収入が激減したけど

戻って来ました。

 

まぁー世の中恐慌にはなったけど

今まで自分が積み上げてきたものが奪われたという事ではない。

技術、知識、人脈これは少しも減ってない。

むしろ磨かれたかもな。この自粛中にいろいろと学んだりする時間が

あったからな。

それで生まれた楽曲も沢山あるし世にも出た。

 

お金稼ぐのが生きるメインじゃないって改めて思ったよ。

感動を味わいたいから生きているんだろうな。

勿論生きるためには金がないとだけど

それがメインではない。

 

お金あっても感動は買えないんじゃないの?

俺みたいに推しで好きなアーティストと一緒に

作品を作ってそれが認められてってそういう

達成感だったり承認欲求だったり

その感動は金では買えないだろう。

 

ターレッスンもそうだ生徒さんにも沢山受講してもらってるし

みんな音楽を続けていってくれてるし、好きでいてくれてる

そんなきっかけを作る橋渡し役で必要とされているってのは

お金じゃ買えんだろうよ。

 

一番いいのは自分が好きでやったプロジェクトで

その対価としてお金をいただくってのが美しい。

 

仕事する=負の価値観=生活するために仕方なくではいかん。

仕事=生き甲斐=好きな事=報酬発生。

これね!