音楽の底

ギターの事。自身がかかわった音源作品紹介。活動報告。日常。

機械のように

昨年10月消費税が上がり10~12月年率GDPはマイナス6.3%と

驚異的な冷え込みをみせた。

たかが2%と思っている政治家ども!

増税は気持ちの締め付けが更に数字以上に圧迫させる。

 

なんでこんな不況のど真ん中でさらに増税したんだろうな。

これで小市民の贅沢品にかけるお金はそぎ落とされる。

そこにきてコロナ不況。

まぁーここでも更にGDPは下降する。

 

贅沢品にかけるお金の余裕がなくなった日本は

芸術、文化は衰退していくんじゃないかな?

 

音楽に費やす金をそぎ落とす

お笑いに費やす金をそぎ落とす

 

お金に余裕がないと人間心にも余裕がなくなる

短気になったり自他共になじったり皮肉ったり。

 結局心を満たすために何かにすがりたいのだ。

 

ただただ生きているだけでは心が荒んでいく。

感動をしなきゃすぐに老いていく。

常にドキドキする瞬間を求めている。

音楽はそれらの魅力を含んでいる。

 

機械じゃないんだから世の中の

芸術、文化を緊縮させてはいけない。